専門業者に依頼して確実な害獣駆除を|アライグマやタヌキなども

作業員

専門業者を頼りに

屋根の裏

最近では、日本は高齢化社会に突入しており、合わせて、核家族化が進んでいることから、一人暮らしの老人が増えてきています。そのため、自宅近くにスズメバチのような攻撃性の高い蜂が巣を作った場合、自力で駆除活動をすることはできず、被害にあう可能性が高くなっています。こうした状況を受けて、各自治体では、蜂駆除を行っているところや、相談窓口を設置しているところも多くあります。しかしながら、秋口には、あちこちから相談を受けることとなり、順番待ち状態になっているところが少なくありません。そのため、急を要する状況になっている場合には、すぐに対応することが可能な、蜂駆除専門業者への依頼が増える結果になっています。

一般的に、軒下に蜂が巣を作った場合、駆除を行うためには、その高さまで登ることができるはしご、蜂の攻撃から身を守るための防護服や巣を入れるための大型の袋、そして、殺虫剤などが必要になります。駆除作業は、これらを高い位置まで持っていき、素早く作業を行う必要があることから、慣れていないと、かなり難易度を伴います。さらに、蜂の巣が屋根裏のような、隠れた場所にできた場合には、板を取り外すなどの工事を伴う場合があります。駆除作業だけでもかなりの困難を伴う状態で、工事までも安全にこなすには、かなりの経験と習熟度が必要になります。こういった難解な状況であっても、蜂駆除業者は、臨機応変に対応して、一連の作業を行っています。