専門業者に依頼して確実な害獣駆除を|アライグマやタヌキなども

家

業者に依頼して被害を防ぐ

屋根裏

アライグマは最近多くなっている害獣で、住宅に大きな被害をもたらします。素人が駆除を行うとなるとかなりのリスクが発生しますから、アライグマの駆除を専門的に行っている業者に駆除を依頼するのがベストの選択です。

害獣から家を守る

作業員

口コミで選ぶ時の注意点

ハクビシンやアライグマ、タヌキやイタチなど、普段は近寄らない動物も、住宅の床下に巣を作って住みつく事があります。一度床下に巣を作ってしまうと子孫を増やし巨大化していくため、見つけたら早めに対処する必要があります。害獣駆除は特殊な薬剤と専門道具が必要なため、専門家に依頼した方が満足のいく作業を実現する事ができます。専門家は全国各地に存在しますが、その業者数は減っており、自宅近くに無い場合はサイトで探す人もいます。そこで注意すると良いのがサイトに掲載されている口コミであり、全てを鵜呑みにするのは避けた方が無難です。害獣駆除に寄せられている口コミは、個人の感想であり実際の内容と異なる場合があるため、慎重に選ぶと良いです。

害獣退治の豆知識

野生で生きている動物は、強くたくましい性質があるため、簡単な害獣駆除対策では、逃げられる可能性があります。専門家に依頼すれば安心して任せられますが、確実に捕えるなら、最新技術を用いた高度な対策を施す業者を選ぶと良いです。害獣駆除のポイントは、どこに罠を仕掛けるかであり、害獣の出入りが確認される場所でないと捕えるのは難しいです。また不用意に近づくと害獣に勘付かれる可能性があるため、捕えるまでは慎重に行動する事が求められます。害獣駆除は全ての穴を塞いで行いますが、即日退治できるものではないため、場合によっては時間を要します。数週間で結果が出る場合もあれば、1ヶ月を超えても結果が出ない場合もあるため、気持ちを引き締めて行うと良いです。

専門業者を頼りに

屋根の裏

日本は高齢化が進んでいることで、一人暮らしの老人など、身の回りの蜂の駆除を行うことができない人が増えています。自治体では、こういった人に対し、駆除サービスを行っていますが、忙しい時期には、すべて対応できるわけではなく、技術を持ったハチ駆除専門業者に依頼が集まっています。

除去の必要性と適した時期

住宅

アシナガバチの巣やコロニーは、5〜6月頃に働きバチが誕生することで、拡大するようになります。そのため駆除は、拡大する前によくおこなわれています。また拡大すると、アシナガバチの幼虫を食糧にするために、スズメバチが寄ってきやすくなります。それを防ぐためにも、拡大前の駆除が大事とされているのです。